気を付けるのは支払いだけではない!知る必要があるクレジットカードのアレコレ

クレジットカードの基本的な使い方は難しいものではありません。
買い物をした会計でクレジットカードを提示し、その支払いは後から行うというもの。
「後払い」の典型ともいえる非常にシンプルなものです。

 

しかし、クレジットカードの使い方には一般的に知られていないさまざまな事柄があります。
クレジットカードの注意点、それは支払方法だけではありません。

 

クレジットカードの裏面にはサインを

クレジットカードが自宅住所あてに郵送されて来たら最初に行うのは「クレジットカードの裏面にサイン」です。
実はサインがされていないクレジットカードは利用することができません。
また、サインのないクレジットカードを紛失、盗難されて悪用されたとします。
拾った人、盗んだ人がサインをして使用をすると、支払いをするのは「契約者」です。

 

クレジットカードの署名欄はどのようになっているのか、確認してみましょう。

 

サインとICチップはどっちが安全なの?

 

裏面の署名欄に記入をします。
ここに記入した字が、買い物をしたときに伝票にサインする文字となります。
例えばクレジットカードの裏面に漢字で署名をしている場合には、伝票にも漢字で。
ローマ字で署名をしている場合には伝票にもローマ字になります。

 

サインに隠された二つの意味
クレジットカードを利用するのがその本人であることを示すものであり、伝票に印字されている利用額、支払い方式を認めるという二つの意味があります。

 

カードの盗難、紛失はすぐに利用停止の連絡を

クレジットカードが手元に届いたら、サインをすること、そしてもう一つ重要なことがあります。
クレジットカードの盗難紛失に関する連絡先を携帯電話に登録しておくこと。

 

現在クレジットカードはICチップがついているものが増えてきました。
サインとICチップはどっちが安全なの?

 

ICチップは高度なセキュリティで保護されており、より安全に利用ができます。
IC端末機が用意されている店舗ではクレジットカードの提示と暗証番号の入力だけで済むようになり、売上伝票へのサインは必要なくなりました。

 

しかし、クレジットカードの盗難や紛失による不正使用が多く発生しています。
特に「クレジットカードを目的とした盗難」が多発しており、当然クレジットカードと目的ということはその使い道があるということ。
事故管理はしっかりとしておくのはもちろんのこと、紛失、盗難となったらすぐにクレジットカードの利用停止を連絡できるようにしておきましょう。

 

どんな盗難がある?

電車、駅 満員電車や混在した駅の中、もしくはうっかり寝てしまったときに盗難が多くなっています。
飲食店 飲食店で席に着いたとき、どこに鞄を置きますか?椅子の背もたれにかける方も多いでしょう。目の届かない背後で盗難される危険があります。
駐車場の車の中 長時間ではなくても、短時間であったとしても車内にクレジットカード入りのかばんを置くのは避けましょう。
スキミング クレジットカードの情報が盗み取られることがあります。公衆が集まる場所のロッカーや、会計時の店員の怪しい態度には気を付けなくてはなりません。