フリーターでも即日発行できるクレジットカードはあるの?

フリーターでも即日発行できるクレジットカードはあるの?

アルバイトや派遣社員として日々しっかりと働いているのにクレジットカードを持てない印象が強いフリーター。

 

収入のない主婦がクレジットカードを作れるのに、自分で稼ぐフリーターがクレジットカードの審査に通りにくいと言われる理由はなんなんでしょうか。また、フリーターでも即日発行できるクレジットカードはあるのでしょうか。

 

フリーターにおすすめの即日発行クレジットカード

フリーターが自由を求める若者という時代はもう昔。就職難の昨今、呼び名はともかくどんな年代でも、どんな学歴でもアルバイトや派遣社員という勤務形態で働く人々はいます。

 

ここではあえてフリーターと呼ばせていただきますが、フリーターがクレジットカードを選ぶ際に気をつけたいポイントは1つ。

 

審査に通りそうなクレジットカードを選ぶこと。

 

そして当サイトがおすすめしたいのが、アコムACマスターカードです。

 

アコムACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行するクレジットカード。国際ブランドにMasterCardを付帯しているので国内外で利用でき、通常即日発行では難しいとされているキャッシング枠もほぼ付くと言われているカードです。

 

即日発行は全国に設置されている無人契約機むじんくんで対応できます。

 

むじんくんは他の即日発行に対応しているクレジットカードの窓口よりも営業時間が長いため、勤務時間が不規則なフリーターにも安心です。

 

フリーターに対する審査は甘いの?厳しいの?

フリーターがクレジットカードの審査に通りにくいと言われていることは事実であり、実際に審査に落ちてしまうフリーターも少なくありません。

 

しかし、これはフリーターだから審査に通さない!というカード会社の意思があるわけではありません。その証拠にフリーターにクレジットカードを発行しているカード会社の申し込み条件は、「○○歳以上の電話連絡が可能な方」「○○歳以上で返済能力のある方」などとなっています。

 

クレジットカードの申し込み条件で多いのが「○○歳以上で安定した継続収入がある方」という条件ですが、この「安定した」がフリーターにとって不利になる可能性があります。

 

アルバイトや派遣社員の場合、非正規社員となります。

非正規社員の場合のほとんどは有期契約となり、契約更新が約束されていません。実態は自動契約更新の場合も多数ありますが、雇用先の意思によって変動するため「安定した」とは考えにくいんです。

 

また、即日発行のクレジットカード審査にはスコアリングの影響が大きいと言われていますが、フリーターはスコアリングされる際決して良い数値とは言えないため、不利になります。

 

しかし、先にご紹介したアコムACマスターカードを筆頭にフリーターという属性よりも勤続年数や実際の年収、返済能力を重視するカード会社も多数あります。

 

アコムACマスターカードは自社ホームページに「パート・アルバイトの方もOK」と掲載しているくらいですので、安心できますよね。

 

フリーターがクレジットカードに申し込みをする際は審査で重視される項目を事前によく調査して申し込みをした方がよいでしょう。

 

フリーターが申し込むときの注意点は?

フリーターがクレジットカードに申し込む際、悩んでしまう項目の上位が「勤務先情報」と「年収」です。

 

ショップ店員の場合、本社と店舗どちらを申告するのか、派遣社員の場合は派遣元と派遣先どちらを申告するのか、が悩みの種になっているようです。

 

また、中には複数のアルバイトを掛け持ちしている人はどのアルバイト先を申告すべきかわからないという声も聞こえます。

 

ショップ店員の場合は本社ではなく実際に勤務している店舗を申告しましょう。

 

最近ではカード会社が在籍確認をしないことが増えているようですが、万が一在籍確認の連絡が来た時にスムーズに対応できます。

 

特に即日発行の場合は、在籍確認で引っかかってしまうと確実に翌日発行のクレジットカードになってしまいます。また、

 

派遣社員の場合はショップ店員とは異なり派遣元となる自分が派遣登録をしている社名を申告します。

 

派遣社員を雇用しているのはあくまでも派遣元の企業ですし、派遣会社は在籍確認にも慣れていますから安心です。

 

複数のアルバイトを掛け持ちしている場合は、主となるアルバイト先を申告することになります。

 

簡単に考えると毎月の収入が一番多いアルバイト先と思えばOKです。

 

フリーターが審査通過のためにできること

先程フリーターに対する審査についてお伝えしましたが、フリーターは正社員と比較して審査に不利となるポイントがあることは事実です。

 

その不利なポイントを少しでも克服するためにできることはしておきたいですよね。特にまだクレヒスがなかったり、少ない人におすすめの対策は携帯電話・スマートフォン購入時の割賦販売履歴です。

 

既にクレジットカードを持ち、利用している履歴が多数ある人はその情報が元になりますが、クレヒスがあまり多くない人の場合、割賦販売履歴がクレヒスに代わります。

 

この割賦販売で滞納や未払いがなく、毎月きちんと支払いが出来ている場合はその情報をプラスポイントとして見てもらうことができます。

 

この他にも希望限度枠を必要最低限に設定したり、既にキャッシングをしている場合は借入金額を少しでも減らしたりすることも効果的です。

 

特に多数の会社でキャッシングをしている場合は総量規制に引っかかったり、将来的な支払能力に不安を持たれたりしますので、注意しましょう。

 

フリーターでもクレジットカードの即日発行はできる

フリーターでも常識的なクレジッドライフを送っていれば即日発行できるクレジットカードはありましたね。

 

フリーターだからといって即審査に落ちるということはありません。

 

但し、勤続年数があまりに短かったり、転職のたびにクレジットカードに申し込み、審査に落ちている場合は非常に厳しい審査になる可能性が高くなります。今スグでなくてもクレジットカードを持ちたいと考えている人はその点も注意しておくことが重要です。