仮カードと本カードとの違いは?

クレジットカードを即日発行したら仮カードだった?本カードと違うの?

クレジットカードの即日発行に申し込んだら仮カードを渡された…。

 

  • 審査に通らなかったということなの?
  • 仮カードはクレジットカードではないの?
  • 仮カードは海外でも使えるの?

 

日常的にクレジットカードを利用している人でもあまり聞き慣れない仮カード。今まで一度も仮カードを持ったことがない人もいるでしょう。

 

クレジットカードの即日発行にまつわる仮カードの存在を明らかにしていきましょう。

 

即日発行の目的次第で仮カードも役に立つ

通常クレジットカードに申し込みをすると数週間で自宅にクレジットカードが送られてきますよね。届いたクレジットカードは本カードと呼ばれる長い有効期限を持った、まぎれもないクレジットカードです。

 

しかし、即日発行でクレジットカードに申し込みをした場合、そのクレジットカードによっては仮カードが発行されることがあります。

 

仮カードは店頭で即日発行のクレジットカードに申し込みをした場合のみ登場するカードなんです。

 

基本的に即日発行された仮カードは発行した店舗(もしくは系列店舗)でしか利用できない限度額も低めに設定されたカードになり、通常のクレジットカードとは異なります。

 

仮カードが力を発揮するのは、発行した店舗で受けられる特典が目的の時です。対象のクレジットカードで決済すると購入代金が割引になったり、ポイントが多く加算されたりといった店舗に限定された特典は仮カードでも受けられることがほとんどです。

 

仮カードの審査は厳しい?甘い?

まずは、即日発行に申し込んでから本カードを受け取るまでの流れを見てみましょう。

 

  1. 店頭で即日発行に申し込む
  2. 仮審査
  3. ※1 仮審査に落ちた場合、本審査に移ります

  4. 仮カード受け取り
  5. 本審査
  6. ※2 本審査に落ちた場合、仮カードの使用も停止します

  7. 本カード発行・郵送
  8. 本カード受け取り

 

この流れを見て、あれ?と思った方がいるでしょう。実は仮カードと本カードの審査は別なんです。しかも、仮カードの審査に落ちてもその後に本カードの審査がある場合が多いんですね。

 

アコムACマスターカードやセゾンカード、エポスカードなどの即日発行の評価が高いクレジットカードでは仮カードは発行されません。

 

主に仮カードを即日発行しているのは、イオンカードやビックカメラSuicaカードなどの他、店頭でクレジットカード申し込みのキャンペーンなどを実施している場合になります。

 

これら仮カードを発行する店舗の特徴はやはり「その日のうちに発行店舗でショッピングする」という目的でしょう。

 

アコムACマスターカードのように自社がショップを開いているわけではないカード会社は即日発行というメリットを通して自社のクレジットカード利用して使ってもらうことが目的です。

 

対して仮カードを発行するクレジットカードの場合は、即日発行することでその日その場で自社店舗でお買物してね(*^^*)というようなもの。

 

この理由から仮カードの審査は甘いという説があります。

 

しかし、仮カードの審査とはいえクレジットカードの審査に違いありませんので、単に仮カードの審査だから甘くするという基準はないです。仮カードの審査が甘いか厳しいかは申込者のクレヒスによって変わってくるでしょう。

 

 

仮審査の審査は即日発行の審査以上にスピーディーな対応が必要になります。スピーディーに対応するには必要最低限の項目を審査するしかありません。この最低限の項目で審査をした時に通れば仮カードが発行されます。

 

仮カードの審査で落ちたのに、本カード審査に通り、クレジットカードが送られてくる場合もあります。

 

これは、仮カードで行う項目の審査だけではクレジットカードを発行して良いか判断ができなかったけど、もっと詳しく審査してみたら自社の基準を満たしていた等の場合です。

 

もちろんその反対で、仮カードの審査基準は満たしていただけど、本カードを発行して継続的にクレジットカードを利用するには適していないと判断されれば、本カードの審査に落ちてしまうことになります。

 

ここからわかる通り、仮審査は甘い、厳しいではなく、必要項目の基準を満たしているかどうかというだけとなります。ここで参考までに私の仮カード発行体験をご紹介しますね。

 

仮カード発行体験

実は私自身、仮カード発行による即日発行を体験したことがあります。
私が体験したクレジットカードは家電量販店エディオンのエディオンカードです。

 

私は利用すべきクレジットカードは既に所有していて、新しくカードを発行する気はまったくありませんでした(^_^;)

 

しかし、エディオンでショッピングする際にエディオンカード会員は割引が受けられるということでとりあえず申し込みをすることになりました。

 

まずは申込書に記入し、その後カードについての説明を受けるんですが、店舗が空いていたこともあり、周りには店員さんが3人…。

 

申込書を記入し終えると同時にカードや割引についての説明が始まりますが、周りにいた店員さんの1人がサササーっとFAXに走っていました。

 

そして説明を受けている途中で電話が鳴り、残りの店員さん1人が電話に出ました。
3人の店員さんが説明、FAX、電話という感じで役割分担していたんでしょうか?

 

その電話で本人確認するから代わるように促され、サクっと本人確認終了。
電話を店員さんに返却し、1分ほどで説明していた店員さんから仮カードを渡されました。

 

もうチームプレイがすごかったです(笑)
その後10日ほどで本カードが届き、仮カードを破棄して終了しました。

 

仮カードでできることは限られている

先にも書いたとおり、仮カードは発行店舗や系列店舗でのみ使用可能なカードです。
通常のクレジットカードとして発行される本カードの最低限の機能しか付いていません。

 

VISAやMasterCardなどの国際ブランドがついたクレジットカードに申し込みをしていたとしても、即日発行された仮カードには国際ブランドは付いていないので発行店舗や系列店舗でのみクレジットカードとして使用できるカードなんです。

 

仮カードによってはポイントなどの特典も一部対象外になりますので全く役に立たない!とイライラしてしまう人もいるかもしれませんね。

 

仮カードでできることは限られてしまいますので、本来のクレジットカードを即日発行したい人には仮カード発行タイプのクレジットカードはおすすめしません。

 

クレジットカードを即日発行する目的が海外渡航やキャッシングの場合は特に仮カードが発行されるタイプのクレジットカードを選択しないようにしましょう。

 

本カードが即日発行されるクレジットカードは?

仮カードの存在を知ってしまうと通常のクレジットカードが即日発行されるカードはどれなのか?気になりますよね。

 

即日発行で定評のあるアコムACマスターカード、セゾンカードインターナショナルは通常のクレジットカードが即日発行されますので安心して申し込んでください。

 

仮カードは本カードの機能を満たさない

謎の多い仮カードでしたが、だいぶわかっていただけたかと思います。重要なのは

 

  • 即日発行という名の仮カード発行があること、
  • 仮カードは通常のクレジットカード機能を満たさないこと、
  • 仮カードの審査に通っても本カードの審査に落ちる場合があること

です。

 

即日発行の目的さえ合えば仮カードも悪いカードなわけではないので、自分の目的を明確にして即日発行すべきクレジットカードを探しましょうね(*^^*)