未成年者には家族カードが便利で安全な理由

海外ではクレジットカードが必須

未成年がクレジットカードを持つことに対して、まだまだ「早すぎる」という意見があります。親のクレジットカードを使って買い物をしている。そんなイメージがあるのでしょう。

 

しかし未成年でもクレジットカードが必要になることはあります。
例えば海外留学、海外旅行。

 

現金を持たないことへの配慮、もしかすれば未成年だからこそ柔軟に対応ができるのかもしれません。

 

クレジットカードにつけられる家族カードとは

クレジットカードを契約した本人が、その家族にクレジットカードを追加することができます。家族なら誰でも利用できるというものではなく、家族カードもその名義人だけが利用できます。

 

例えば夫がクレジットカードを持っており、妻が家族カードを持つならばその家族カードの名義人は妻となり、妻しか利用することができません。

 

また、年齢も関係してきます。
クレジットカード会社によっても違いがありますので家族カードを必要とする場合には必ず年齢もチェックしましょう。
大きく分けると2種類です。

 

  • 高校生以外の18歳以上
  • 20歳以上なら学生でも可

 

どこまでが家族として認められるかにも違いがあります。

  • 同居している家族のみ
  • 同居していなくても兄弟ならOK
  • いとこまでOK

 

家族カードのメリットは?

  • 年会費が安い、もしくは無料
  • ポイントは親となるクレジットカードと、家族カードすべての合算になるため貯まりやすい
  • サービスや保険の加入もできる
  • 旅行傷害保険にも加入できる
  • 個人信用情報機関でブラックになっていても問題なし

 

実は家族カードには審査がありません。親となるクレジットカードには審査があり、収支やほかの債務に対して返済ができる適正な融資額が決定されます。しかし家族カードには審査がないため、例えば個人信用情報機関にブラックとしての扱いがあったとしても審査がないため問題はありません。

 

家族カードのデメリットは?

  • すべてのクレジットカードに家族カードがあるわけではない
  • 発行枚数に制限あり
  • キャンペーンが適用されない

 

サービスや保険は同様に使えても、キャンペーンの対象となるのは親カードのみとなる傾向があります。
またほとんどのクレジットカード会社では家族カードがありますが、すべてというわけではありません。

 

やっぱり必要な自分専用クレジットカード

管理は親ではなく自分で行うこと。これによって未成年ではなく社会人になっても自分が管理するカードとして利用を続けることができます。

 

未成年とはいっても「18歳以上」であること「高校生ではないこと」が必要です。また「本人に収入があること」も必要です。

 

未成年で収入がある?

なぜ収入があることがクレジットカードの条件なのでしょうか。それは利用した金額を返すという能力が必要になるからです。

 

自分で収入を得ていなければ支払い額を用意することができません。未成年であってもクレジットカードを本人契約で行うためには本人に安定した収入がある必要があります。

 

それでは「安定した収入」とはなんでしょうか?

 

18歳以上ですでに社会人として働いている方もいます。しかし多くの方は大学や短大などで学業を本文としているでしょう。消費者金融でのキャッシングや銀行カードローンでも同じことですが、クレジットカードでもまたアルバイトによる定期的な収入を安定した収入として判断しています。

 

例えば月に5万円でも10万円でも構いません。収入があるかないかは、申し込みに通るか通らないかにかかわること。そして、収入の高い低いは、限度額にかかわることです。

 

審査では、申込書に入力した勤務年数や年収、そして「本当にその勤務先で働いているのか」を確認するための在籍確認が行われます。

 

親の同意が必要になる?

社会人として働いていても未成年であれば「親権者の同意」が必要です。親に内緒で申し込みができるのかといえばそれは難しいといえるでしょう。なぜなら、クレジットカードの審査途中で親権者への承諾のため確認の連絡が入ります。

 

未成年の場合、申込書には親権者の氏名と連絡先を入力する欄が設けられています。ここにウソを書いてしまうと、審査に通ることはありません。

 

審査とは「限度額を与えてその範囲で自由に買い物ができる権利を与えてもよいかどうか」という信用を判断するためのもの。そこにウソがあれば当然審査には通りません。

 

親の信用情報が悪くても・・・

子が親に債務があることを伝えなければ叱られるものです。逆に親が子に債務の状況を話すことは少ないもの。実は親の信用情報が審査に通らない状況となっており、家族カードどころか親もクレジットカードが持てないということもあります。

 

家族カードはそもそも親カードとなるクレジットカードがなければなりません。しかしクレジットカードの利用や、消費者金融や銀行カードローンの借金は「契約者本人にしか返済義務」はありません。たとえ家族であってもその債務を相続しない限りは返済義務はありません。

 

そのため、親が信用がないためにクレジットカードが作れなかったとしても、審査の対象となるのはあくまでも本人であるため審査に影響することはありません。

 

未成年がクレジットカードを持つときの注意!

海外留学や海外旅行など、クレジットカードを持たなければならない状況もあります。一方で現在のネット社会で、ショッピングをするときでもクレジットカードがあれば便利に活用できるのにと思うことも多いでしょう。

 

クレジットカードは便利なものです。現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードがあれば支払いが完了します。

 

しかしクレジットカードの仕組みを理解していなければ活用していくことは難しいもの。まず覚えておきたいのは「クレジットカードを利用した金額は借金であること」です。一時的にお金を立て替えてもらって後からクレジットカード会社に立て替え金を支払う。これがクレジットカードです。

 

現金が手元になくても支払いができることから、後からの収入を楽観的に予測をして使いすぎてしまうケースは少なくありません。クレジット地獄というのも聞いたことがあるでしょう。使い方を間違えればクレジットカードは怖い存在になります。

 

未成年がクレジットカードを利用することに疑問があるという社会の風潮は、このように「お金を借りることの知識が乏しい年齢」が利用することへの懸念でもあります。

 

1回払いが理想!

毎月の支払額が一定になるため、リボ払いはどこのクレジットカードでも推し進めている便利な支払い方法です。ところがリボ払いでは手数料が必要になり、支払額が一定となるため長期化しやすい以降にもあります。

 

理想は1回払いです。次回の支払い日にはすべて支払いを完了させること。この1点を気を付けて入ればクレジットカードは安心して利用ができることでしょう。