無職やニートのための即日発行クレジットカードの作り方

無職やニートのための即日発行クレジットカードの作り方

現在、無職やニートで収入がない人でもクレジットカードが必要になることがあるでしょう。ネット社会の今、クレジットカードがないとプロバイダー契約や回線契約ができなかったり、ネットショッピングの利用が不便だったりと様々な理由がありますよね。

 

しかしクレジットカードは基本的に安定した収入を元に、返済できる人に発行されるもの。では無職やニートで完全無収入の人がクレジットカードを作るにはどうしたら良いのでしょうか。

 

無職やニートは審査に通らない?!カードを作る方法はある?

即日発行に限らず、カード会社はクレジットカードを発行する際の審査で無職やニートとわかればその時点で審査終了します。

 

もちろん結果はNG。

 

例えクレジットカードを一括払いで利用したとしても、カード会社は一時的にお金を貸すことになります。自分では必ず支払える自信があろうと、カード会社からすれば無職やニートなどの収入がない人は貸したお金を回収できない可能性が高いと考えます。

 

ここまで読んで諦めかけた無職やニートの人はちょっと待って!

 

無職やニートでも状況によってはクレジットカードを即日発行できる可能性はあります。

 

無職でもクレジットカードを即日発行した人はこんな人

無職でもクレジットカードを即日発行できている人はいます。無職で審査に落ちた人にとっては信じられないかもしれませんね。

 

無職とは一般的に何も仕事をしていないこと、仕事がないことを指します。クレジットカードの即日発行に申し込みをする際に必ず申告しなければならない情報の1つが職業。

 

この職業申告の際、無職でも審査に通る可能性のある項目があります。

 

  • 専業主婦
  • 学生
  • 年金受給者

 

これらの人は収入を得るための仕事は持っていません。でもクレジットカードの審査には通る可能性が十分にあるんです。

 

また、無職なので日雇いで収入を得ているという人もいますが、この場合は無職を申告するのではなく、”フリーター・アルバイト”になります。

 

家業の手伝いをしていて自分としての収入がないという場合は”自営業(自由業)”と申告します。

 

ここで注意してほしいのは、嘘の申告をしないこと。

 

本当に無職の人が専業主婦や自営業(自由業)と申告することは完全な嘘になります。嘘で審査に通ったとしてもそれは詐欺。詐欺は犯罪なので、嘘がバレた時にカード会社に訴えられても文句言えません。

 

ちなみに専業主婦の場合は、配偶者の勤務先や勤続年数、年収などが審査材料になりますので、配偶者のいない人や配偶者も共に無職の場合は専業主婦と申告をしてもまったく意味がありません。

 

無職の人がクレジットカードを即日発行するためには

専業主婦や学生でもなく、年金受給者でもない、また自営業(自由業)と申告することも嘘になってしまう状況の場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

特に今までどこかに勤務していたけど、退職して就職活動中などの人はどうしても無職となってしまい悩むことでしょう。

 

ここでおすすめなのが派遣会社に登録することです。

 

派遣会社は登録している人に対して、就業先となる企業を紹介し、双方の合意をもって就業先が決定する仕組みになっています。そのため、派遣会社に登録しただけでは収入を得ることはできません。

 

しかし、派遣で勤務している人は、即日発行のクレジットカードに申し込みをする際、職業欄には派遣会社名を記入しますので、無職ではなくなるんです。

 

派遣会社への登録は面接や簡単なタイピングテストなどで簡単に登録することができます。登録後に派遣会社から電話やメールで就業先の提案を受けることになりますので、実際に勤務するのは登録後、しばらくしてからになります。

 

要は実際に収入を得るための仕事はしていなくても、嘘つくことなく勤務先として記入できる会社があるということです。

 

派遣会社に登録する際にはどれくらいの頻度で勤務したいか、時給はいくらくらいを希望するかも申告しますので、年収欄はそれらの情報を元に計算した見込み年収でも良いですし、今まで仕事していた人はその際の年収を記入すればOKです。

 

無職だけど収入がある人の申し込みの仕方

無職でも家賃収入や株の配当、アフェリエイト、ギャンブルなど様々な方法で収入を得て生活している人はたくさんいます。

 

これらのどの場合も収入はあるのに職業として表現しにくいですよね。しかし収入があるのですから申し込み時にうまく記入することができれば、審査に通る可能性が高くなります。

 

家賃収入で収入を得ている人の場合

自分としては仕事をしていない=無職と思っているかもしれませんが、家賃や次代による収入がある人は無職ではありません。立派な不動産業です。

 

この場合は職業欄に”自営業(自由業)”や”不動産業””賃貸業”と記入しましょう。

 

株やFXなどの投資により収入を得ている人の場合

いわゆる投資家に当たる場合ですが、配当金が1円でも100万円でも、投資先が1ヶ所でも100ヶ所でも投資家を言い切ってしまうことができます。

 

しかし、それでは即日発行のクレジットカード審査に通ることは難しいです。

 

この場合、無職ではなく投資で生活できるだけの収入があることを証明することで審査に通る可能性が高まります。預貯金の通帳写しが必要になる場合もありますので、事前にカード会社に確認をした方がよいでしょう。

 

アフェリエイトなどにより収入を得ている人の場合

この場合の職業欄は”自営業(自由業)”となります。

 

個人事業主のイメージですね。勤務先は自宅となりますので、勤務先には自宅住所や電話番号を記入します。その際、在籍確認の連絡が入る可能性があることも想定しておきましょう。

 

自宅の電話番号を記入すれば在籍確認の連絡は自宅電話に入りますが、携帯電話を記入すれば連絡は携帯電話になります。

 

家族に内緒でクレジットカードを即日発行したい場合は携帯電話を記入することをおすすめしますが、自宅電話があることも審査の際ポイントになりますので、可能であれば自宅電話番号を記入した方がよいでしょう。

 

ギャンブルで収入を得ている人の場合

パチンコや競馬、競輪などギャンブルによる収入で生活をしている人の場合は注意が必要です。

 

例えギャンブルで毎月相当の金額を稼いでいたとしてもその収入を証明する方法がありません。そもそも安定した収入とは言い難い方法ですから無職と同様と考えられてしまうこと必至。

 

しかし、その収入をしっかりと収入として証明するために確定申告をして税金を支払っていれば”自営業(自由業)”と申告することができます。

 

収入証明書の提出も可能になりますので、十分な審査材料が揃うわけです。逆に確定申告をしていない場合は無職同様となり、審査に通ることは難しいでしょう。

 

無職でもクレジットカードを即日発行する方法がある

無職だからといってクレジットカードが持てないと諦めていた人にとって少しでも有益な情報をお届けできたでしょうか。

 

無職と一言で言ってもその状況は様々です。

 

俗に言う家事手伝いは家族の収入により生活していることになりますので、専業主婦同様に世帯主となる家族の収入を元に審査して貰える場合もあります。

 

カード会社によりその基準はまちまちですが、比較的審査に融通がきくカード会社を選ぶことで更にクレジットカードを発行できる可能性が高まります。