1. クレジットカード即日発行マニュアル
  2. 未分類
  3. クレジットカードの即日発行は店頭窓口で申し込んだ方が審査に通りやすいのか?

クレジットカードの即日発行は店頭窓口で申し込んだ方が審査に通りやすいのか?

未分類   628 Views

クレジットカードの即日発行は店頭窓口で申し込んだ方が審査に通りやすいのか?

クレジットカードを即日発行する場合、ネットを利用したオンライン申し込みの他、店頭窓口で申し込みをする方法があります。

 

オンライン申し込みと店頭窓口での申し込みに何か違いがあるのでしょうか。

 

店頭窓口で申し込みをした場合の審査に違いはあるのか

クレジットカードを即日発行する場合、店頭窓口にクレジットカードを受け取りに行く必要があります。クレジットカードの受け取りだけでなく、申し込みも店頭窓口ですると審査に通りやすいなどのメリットがあるのか気になるところですよね。

 

ネットなどでは店頭窓口で申し込みをすると審査に通りやすくなるなどの噂もあります。

 

しかし、実際の審査内容に大きな違いはありません。

 

わざわざ店頭まで出向いたのだから審査を甘くしてあげよう、多少審査をゆるくしてあげてもいいかな…なんて審査担当の采配で審査結果が左右するほど未熟な業界ではありません。

 

それどころか、逆に店頭窓口で申し込みをした場合は審査に通るはずの人が審査に落ちてしまう可能性があるんです。

 

そもそも即日発行の審査はスピードを重視していますが、店頭窓口ともなればそのスピード感が更にアップします。もちろん申し込み時点で混み合っているなどの事情があれば、審査時間が長くなることもあります。

 

他のページでも何度か書いていますが、クレジットカードの即日発行審査はスコアリングという申込者の属性に点数を付け、合計点で審査をする方法を採用しています。

 

オンラインなどにより事前申し込みをしている場合は、スコアリング審査で微妙な結果が出ても多少時間をかけてより深い審査をしてもらえる可能性があります。

 

店頭窓口申し込みにも種類がある?

たった今、店頭窓口での申し込みは通るはずの人が落ちてしまう可能性があると書いたばかりですが、店頭窓口申し込みでも多少審査が甘めになる可能性があることがあります。

 

それがキャンペーンや商品購入時に勧められた場合のクレジットカード申し込みです。

 

店頭窓口だけでなく、街頭や大型商業施設の一角でノボリを立ててジャンバーを来た人がクレジットカードの入会促進をしているのを見たことありませんか?

 

基本的にすべて即日発行に対応しており、本カードが発行されるクレジットカードもあれば、当日は仮カードが発行されて後日本カードが郵送されてくるクレジットカードもあります。

 

どちらの場合もキャンペーンとしていわゆる勧誘をしているので、カード会社がカードを発行したいという意図を持って開催しているイベントです。

 

特に勧誘している人がベテランの場合は、その人の采配により審査に通りやすくなってしまうこともあるくらいです。

 

また、家電量販店などでよくあるのが商品購入時に提携クレジットカードへ入会することで購入した商品の保証期間が長くなったり、商品の割引が受けられるという勧誘です。

 

店舗によっては軽い勧誘で終わる場合もありますが、社内で提携カード会員を増やそうという目標が掲げられている場合などは強引とも思える勧誘があることもあります。

 

クレジットカードを作りたくない人にとっては迷惑な話かもしれませんが、クレジットカードを作りたいのに審査が心配な人にはちょっと嬉しい勧誘になるかもしれません。

 

キャンペーンの審査が店頭窓口より甘くなる理由は?

店頭窓口にクレジットカードの即日発行を申し込みに行くよりも街頭のキャンペーンや、ショップで商品購入時に勧誘される方が審査に通りやすくなるってどういうことなのでしょうか。

 

審査に不安がある人からしたら街中を練り歩いてでもキャンペーンを見つけたくなってしまいますよね。

 

まず誤解のないように先に言っておきますが、店頭窓口での勧誘やキャンペーンの場合に審査基準が下がるわけではありません。審査基準はカード会社により異なるものの常に一定のラインを保ち、そのライン以上であれば審査に通過し、以下であれば審査に落ちるのは変わりません。

 

実は審査基準が変わらなくても審査が甘くなる、審査に通りやすくなる秘密はキャンペーンや店頭窓口の担当者が握っているんです。

 

申込情報の記入方法です。

申込情報を申告する際に悩むことってありませんか?

 

氏名や住所、生年月日の申告に悩む人はいませんが、勤続年数や年収、勤務先の業種などを申告する時に悩むことがあると思います。

 

例えば勤務先を複数持っている人や家賃収入がある人、勤務先の業種が特殊な人がいます。

 

自分1人で申し込みをする場合は申告情報の書き方は自分で判断するしかありませんが、目の前にクレジットカードを発行したいと考えている担当者がいる場合は、審査に通りやすい書き方を助言してくれる場合があります。

 

もちろんウソの申し込み情報を申告するのは詐欺であり、犯罪です。しかし書き方により本当の情報を伝わりやすくすることができるんです。

 

キャンペーンなどの店頭窓口申し込みを活用したい

クレジットカードの即日発行は審査に通るか通らないかが一番のポイントになります。その道のプロの力を借りることで審査に通りやすくなるのであれば、活用すべきですよね。

 

入会促進キャンペーンや店頭窓口での勧誘は、カード会社がクレジットカードを発行したいという意思表示でもあります。特に勧誘をしている担当者はクレジットカードに申し込みをしてほしいし、審査に通ってほしいのです。

 

もしも街頭や店頭窓口で勧誘しているのを見かけた場合は一度相談してみると良いでしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード即日発行マニュアルの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード即日発行マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 審査なし同然?!審査が甘い即日発行できるクレジットカードは?

  • 専業主婦でも即日発行できる審査甘めのクレジットカードはあるの?

  • 即日発行可能なクレジットカードでおすすめなのは?

  • 人気の即日発行できるクレジットカード3選

  • プリペイドの即日発行なら審査不要!クレジットカード以外の選択肢

  • サインとICチップはどっちが安全なの?